×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワンセグってどんなサービス?

ワンセグは、2006年4月1日から開始された、家庭の地上デジタル放送受信機に送っている地上デジタル放送波の1部分だけを使って、携帯電話型受信機などの移動体端末でも受信しやすいように設計されたサービスです。ワンセグの言葉の意味をご存知ですか?日本の地上デジタル放送は、1チャンネル、6MHzの帯域幅を13個のセグメントと呼ばれる箱に分割して放送を行っています。ハイビジョン放送や複数の番組を同時に送出する編成を行う場合は12個の箱を用いて実施していますが、携帯端末に向けたサービスは、このうち1つの箱(1セグメント)を用いて、映像・音声・データを放送することから、このサービスをワンセグと呼んでいます。ワンセグの 番組内容は、ご家庭向けの地上デジタル放送と同じですが、ワンセグ独自のデータ放送サービスがご利用いただけます。ワンセグは地上デジタル放送のひとつのサービスです。ワンセグ対応機器があれば、外出先でもテレビが楽しめます。

ワンセグチューナーとワンセグ対応機器について

ワンセグを視聴するには、ワンセグに対応した受信機が必要になります。代表的なものは、ワンセグ対応の携帯電話です。携帯電話の持つ通信機能を利用したサービスが利用できます。通信経由でより詳細な番組情報等のデータサービスや、双方向番組等を楽しんでいただくことができます。車載テレビやカーナビでも視聴可能ですが、ワンセグに対応した機器に限られます。ワンセグに対応していない機器をお持ちの場合は、ワンセグ用のチューナーを装着すれば視聴が可能になりますので、メーカーに問い合わせてみてください。ノートパソコンに対応したUSBポートに挿すだけでワンセグ対応に切り替わるチューナーが販売されています。ニンテンドーのDSやソニーのPSP(プレステ)に対応した専用のチューナーが販売されています。

ワンセグの受信エリアについて

ワンセグは、通常のテレビ向けの地上デジタル放送の拡大と共に順次視聴エリアが広がっています。ワンセグは、地上デジタル放送の一部ですから、地上デジタル放送のサービスエリア内であれば視聴が可能です。但し、サービスエリア内であっても、地形や建物などによって電波がさえぎられる場所や、電波の弱い場所、トンネル・地下・建物の中など電波の届かない場所では、ワンセグが受信できない場合があります。室内でのワンセグの受信状況を改善するために、ワンセグ用のアンテナを屋外に設置する方法があります。その場合、受信状況は良くなりますが、ワンセグは、モバイルタイプとしてのサービスなので、そこまでされる方は少ないように思います。電車や車等で移動しながらワンセグを受信している場合は、異なるエリアに入ると受信チャンネルが変わることがあります。その場合はチャンネルの再設定の必要があります。また、ワンセグは携帯電話とは異なる電波を使用しておりますので、携帯電話の通話エリアとワンセグの受信エリアは異なります。
ワンセグの放送エリアについては、社団法人地上デジタル放送推進協会のWEBサイトでご確認ください。

Copyright © 2007 ワンセグ エリアとワンセグチューナーについて